読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネジ巻き事件簿

精神的肉体的社会的側面から見た事件史。

下山事件~4.ミッドナイトトレイン~

皆様、ブクマ、スターありがとうございます。
何か不具合で一部のブクマにお礼が出来ていませんが
不具合が修正されたらお返しさせて頂きます。

励みになってますので感謝です。

 

さて、昭和24年7月5日。

その日、下山総裁は国鉄労組との会見や本社本部との会議など
タイトな予定がありました。

朝に自宅(大田区上池上町)から、運転手付きの車で出発。
8:20ごろ。

五反田・品川と出て御成門前に来ると
下山総裁は

「佐藤さんの所に寄るんだった」

と呟きます。

これは佐藤栄作の事と思われ。

f:id:slowstudy:20170210065058j:plain
「引き返しましょうか」と、お抱えの大西運転手。

「いや、よろしい」
と下山総裁は答えます。

日比谷から和田倉門辺りで
「買い物がしたいから三越にいってくれ」
と言います。

下山総裁は
「今日は10時までに役所に行けばいいから……」
と呟きます。

東京駅北側ガードを抜けると、今度は
白木屋でもいい。まっすぐに行ってくれ」
と再び方向転換。

大西運転手「……(何だかおかしい。いつも決まったルートで出勤なさるのに……)」

白木屋は開店前。

また三越に戻りますが
やっぱり開店前。

大西運転手「開店は9時半ですね」

下山総裁「うん」

大西運転手「役所にまいりますか?」

下山総裁「うん」

大西運転手が車の方向を帰ると
再び急に
「神田駅にまわってくれ」
と下山総裁。

神田駅西口で
大西運転手「お降りになりますか」
下山総裁「いや」

本庁にまた向かうと
下山総裁「三菱本店にいってくれ」
と度々の変更。

国鉄本社前にさしかかると
下山総裁「もっと早くいってくれ(ちょっと怒ったら風に)」
と言います。

三菱銀行(当時は千代田銀行)の前で
ようやく車を降りる下山総裁。

店内に入って20分ほどしてから戻って来ます。
何をしていたのかは分かりません。

下山総裁「これから行けば、ちょうどいいだろう」

大西運転手は三越の開店時間の事かと思い、三越へ。

f:id:slowstudy:20170210234343j:plain

下山総裁はたっぷり4.5分考えている風でしたが
「五分ばかり待っててくれ」
と言って車を降りると店内に入って行きました。

車内にはお弁当と書類の入った鞄を残したまま。

大西運転手は下山総裁のプライベートでの運転もしていて
「五分ばかり」
が数時間だったりする事がよくあったし
どこでどんな用事かも聞かないし
察していてもことさら他人に喋る事はない職務に忠実な人でした。

それで
たっぷり夕方まで三越前で待っていました。

 

 


下山総裁が三越の地下道から、どこかへ行ってしまったのを知らずに。
f:id:slowstudy:20170210065005j:plain


一方、国鉄本社。


「総裁がまだ出勤してないんだって?」

「今日も労組との会見があるのに……」

出勤して来る気配のない下山総裁。

f:id:slowstudy:20170210064818j:plain
「おかしい。遅刻するならするで、きちんと連絡を寄越して来る人なのに」

時間はもう昼過ぎ。

午後2時になって
局長がようやく
「秘密裏に」
と警察に相談。

捜査一課はまず、下山総裁の自宅に行きます。

下山夫人は
「自殺などが心配です……」
と不安そう。


実はここ数日の下山総裁は
同僚・部下を問わず懇意にしてる人、他人のメンタルに敏感な人から見れば
明らかに焦燥していたようです。

昼時はお弁当を持って、本社内をうろつき、会議室などで
ぼっちで食べていたり。


会議に来て
部下が気をきかして、お茶を淹れようとすると
「お茶は要らない」
と言って座り、しばらくすると
人の飲み残したお茶を飲む。

部下「…………あの、それ、わたしの……」

下山総裁「…………ズズー、ゴクン(ボーッとしている)」

部下「…………(疲れてらっしゃるんだろうなぁ)」

今度は人の分のアイスクリーム(アイスキャンディーの説もあり)に手を伸ばす。

部下「…………総裁、それ、僕の……」

下山総裁「……………………モグモグ、ゴックン(ボーッ)」

部下「…………(ズボンにボタボタこぼしてる……前はこんな事はなさらなかったのに……すごくやつれてるし、大丈夫かなぁ)」


と、以前の下山総裁からすると
少し奇行が表れています。


三越に姿を消した翌日の7月6日の夜中。
折しも大雨の綾瀬駅

f:id:slowstudy:20170210065233j:plain
運転手「おおーい!列車に人の一部が」

駅員A「ああっ!どこで轢いたんだろう」

駅員B「白いし、ちょっとぽっちゃりしてるから女性かなぁ。保線関係に知らせて来ます」

当時の汽車では人を轢いても分かりにくい上に
夜で雨で視界も最悪。

自殺や事故にはある程度慣れてもいる運転手や駅員は、保線関係者に。

そこからさらに駐在所の山中巡査に報告。

山中巡査「協力要請。綾瀬駅にて……線路も調べるので……ん?
金歯か。そこそこ地位のある人かな。
…………背広?」

ポケットを調べる山中巡査。

「お、名刺と印鑑が…………下山……定……則…………ま、まさか⁉
昨日から行方不明になってる下山総裁っ⁉」


国鉄三大ミステリーの筆頭
下山事件
の幕開けでした。

 

医師「うーむ。これだけでも、かなり分かる事があるね」

水「三越と言えば、私、思い出がありまして」

医師「どんな?」

水「三越前にあるライオン像には、ジンクスがあったんです。
三越のライオン像の上に乗ると、希望校に合格する』
と。
それで酔っぱらって

 

予備校の仲間全員で跨がりに行きました。

池袋店でしたが(実話)。

何故か注意されなくて
ガードマンのオジサマが三人で私達のグループを見て
指差してクスクス笑ってました」


医師「そのガードマン達もジンクスを知ってたんだろう。
『あの子達、バカだ。本店の日本橋のでないと効力ないのに』
と言っていたに違……………………君は!

 

何をやってたんだ

その頃から、そんなアホだったのか‼」


水「ふふふ。青春の思い出です」

医師「…………話を戻そう。
この後、司法解剖の結果が分かれてテンヤワンヤになる訳だが」

水「午前六時に現場検証。
この時に最初に現場や遺体を見た医師は
監察医務院の八十島先生でしたね」

医師「結果は『自殺』。
轢死体を百体は見てきている人だった。
君は監察医務院にも実習に行っているが」

水「老衰・病死・自然死ではない、『不審死や、事件性が疑われる遺体専門の司法解剖を行う特別な場所』
だけあって、標本もスライドも凄かったです。

それはともかく、そうした『専門家』の判断をスルーして
大学病院で司法解剖に至ったのは
あまりにも話題が大きく
更なる調査を、と望む人が多かったようですが」

医師「そして、司法解剖バトルに」


東大・古畑教授は
「切断面に生体
反応が見られない。
死後轢断」
との結果を提出します。

下山総裁は
別の場所で殺害されて
線路の上に置かれた
と新聞雑誌は書き立てたのでしたが
果たして真相はどうであったのか。


下山事件 暗殺者たちの夏

下山事件 暗殺者たちの夏


下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)

下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)


いつも読んで下さって
ありがとうございます。