読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネジ巻き事件簿

精神的肉体的社会的側面から見た事件史。

下山事件~1.司法解剖所見~

風が強い千葉県某所から
場所を変えて
都内某所。


医師「お待たせ」

水「センセイ、お久しぶりですぅ」

f:id:slowstudy:20170206092407j:plain

医師「あの、古い言葉だけど『ぶりっ子』しなくて良いから。
本当に久しぶりだね。

君が在学中に出したレポートはよく覚えているよ。
課題無視して

『有名推理小説司法解剖的間違いのケース』

を提出して『ふざけた生徒だ』と思ったよ。
けど、読んだら面白くて120点付けたんだよね。
悪魔が来たりて笛を吹く』の作中曲の欠点とか
『屋根裏の散歩者』のトリックにおける致命的欠点とか
結構、面白かったよ」

水「ありがとうございました。お陰さまで、赤点の分もクリア出来ました」

医師「全く、学校を突然、半年も休んで、いきなり学生結婚して、いきなり復学。
補修や補修の実習でタイトな中、国家試験も受かって」

水「自分探ししてたのと、結婚したので。
目先の学校より一生の男。
それにあの頃、睡眠時間毎日三時間だったのに、何故、国家試験に受かったのか私も謎です」

医師「教務も固まってたね。
そこそこの成績だったから良かったけど、じゃなきゃ、君は単なる不良生徒だったよ」

水「黒歴史はともかく。
メールでお願いした通りでして(バササーッ!)」

医師「これが集めた資料かい?」

水「いろんな要因が複雑に絡まってるという人もいますが
日本近代史の勉強をもっと、やっとけば良かったなと思います」

医師「しかし、ブログだっけ?
それで何で

 


下山事件

 

などという大きな話題を取り上げるの」

f:id:slowstudy:20170206092300j:plain


水「別の事件史をテーマにする予定ですが
このケースに行きつきまして。
GHQ占領下の日本は、謎が謎を呼ぶ事件が多いですね。
それと、下山事件の背景を知っておくと、もうひとつの事件の分析がやり易くなりそうでして。はい」

医師「当時の資料、特に一般人が入手出来る物が限られてるのと
あの時代とは科捜研の技術的な差もあるので、簡単には行かないと思うんだけど」

水「『謀殺』『陰謀論』ではなく
『肉体的精神的社会的見地から見た事件史』
ですので」

医師「WHOか。
陰謀論的な物から離れるのは確かに良いと思う。
それにしても…………何故、わたしなんだ」

水「中立的立場のセクション、と言えばお分かりかと」

医師「むー」

水「時に西暦1949年(エヴァ風)。
昭和24年7月5日、国鉄総裁、下山定則氏が行方不明になり
翌7月6日に
国鉄常磐線東武日光伊勢佐木線の交叉する辺りの線路上で
バラバラの轢断遺体で発見されます。

当時の国鉄は12万人ものリストラをしなければいけないと
GHQやらドッチさんやら
いろんな人に命令をされてました。

大量の首切りに
心を痛めていた下山総裁。


この時、監察医務院は現場で一番に検証してますね」

医師「…………『自殺』と所見を出したね」


水「ところが
司法解剖では
東大と慶應大で
全く逆の結果が出た。

東大は
『死後轢断』。
つまり

 

『下山総裁は、別の場所で殺害されて線路に置かれた』


慶應大は
『生前轢断』。
つまり、自殺。

これは調べました。

東大は検察・検事寄りの
大本営に都合のいい結果を出す事が多いです。
慶應大は逆に、真実を希求してる傾向があります。

当時の国鉄労組は
めっちゃ力が強かった。
そして、日本政府もGHQも日本が
共産党化するのを恐れていた。

この東大の結果を受けて

『下山総裁は殺された』
国鉄労組に、いやGHQに』

という世論が巻き起こります。
普通の人達が、それを信じていました。
信じていなかったのは、毎日新聞ぐらい」

医師「うん。帝国大VS私大みたいな図式になってねぇ(遠い目)」

水「私は学閥、嫌いなんで、よく分からない議論の図式なんですけどね。
とにかく、下山総裁が自殺でも他殺でも
困ったり得したりする人がたくさんいた。
それで分散してる所見を何とか集めて見ました」

f:id:slowstudy:20170206092515j:plain

医師「…………結果は?」

 

 

 

水「普通に自殺だと思います」

 

医師「ちょ、ちょっと。
ブログに書くんでしょ?
なのに結論、早すぎない?」


水「私が怒りを覚えてるとすれば
汽車が好きで、国鉄では職人堅気の心優しい下山総裁の死を
こねくりまわして、利用して
それで何らかの利益を得ようとした人達にですね。
そして、数日前の行動も含めて
それがどうして『他殺』になってしまいそうになったのか。

そこへ行くまでのロジックを知りたいんです。

公式会見予定の日に

 


日本の方向が決まったと言っても過言ではなかったのですから」


医師「……………………知りたい事を、出来る範囲で教えよう」


「下山総裁・謀殺」で売れた本と映画

日本の黒い霧〈上〉 (文春文庫)

日本の黒い霧〈上〉 (文春文庫)


日本の黒い霧〈下〉 (文春文庫)

日本の黒い霧〈下〉 (文春文庫)

謀殺 下山事件 (祥伝社文庫)

謀殺 下山事件 (祥伝社文庫)


日本の熱い日々 謀殺・下山事件 [DVD]

日本の熱い日々 謀殺・下山事件 [DVD]

これらのムチャ(デタラメ)なロジックは後日に。


時は遡り
昭和24年7月6日の夜更け。

民主自由党佐藤栄作(A作でもB作でもないよ)が、大蔵大臣・池田勇人(「貧乏人は麦を食え」と言ってないのに、言った事にされた大臣)の自宅を訪れる。

外は大雨。

池田「どうした、こんな時間にずぶ濡れで」

佐藤「国鉄総裁の下山が死んだ」

池田「えっ⁉まだ若いのに!?」

 

 

佐藤「オレが殺した」

 

続く


いつも読んで下さって
ありがとうございます。

今の所、無事です。

ブラックダリア事件~7.ここから先へ~

注意※画像は普通の物しかありませんが、文章に残酷な物が含まれています。
耐性のない方はご注意下さい。


さて
「オレのパパが真犯人」
「いーえ、アタシのダディよ」
という趣旨の本には
「退行催眠で殺すシーンを思い出した」とか、ピンボケ過ぎて何が何だかの写真が
「証拠」
として扱われている物がほとんどで、スティーヴ・ホデル氏の本が、そうした物とは明らかに違うのは読むとよく分かります。

これだけ時間が経過している中で
よくもまあ、こんなに情報を集めたなぁ
と感心します。

それはちょっと置いておいて
「遺体を人目につきやすい所へ遺棄する」
のは、社会や権威、警察への挑戦です。

そして、性的連続殺人の場合
犯人は絞殺を選ぶ事が多いです。
テッド・バンディもしかりですが
被害者の死をも含めたコントロール
快感の一つになっています。

もちろん、性行為(レイプも含む)だけではなく
殺人そのものが犯人に取っては特殊な快楽です。

被害者の遺品を送りつけたりなども
自己顕示欲の現れなのですが
反面、そうした物を「記念」としてコレクションしている方が多いし
こうした殺人を繰り返すのは底辺層が圧倒的に多いです。

犯人が郡をまたがる連続殺人をしていたのなら、エリザベス・ショートは
犯人に取って最高の相手だったかもしれません。

性行為で完結出来ない相手だからです。

スティーヴ・ホデル氏がスライドで
アルバムの写真と遺体の写真を重ね合わせたりする講演会なんかをやってます。

これは私の推測ですが、スティーヴ氏は
父親ジョージ・ホデル氏が
本当に犯人だったと思ってないような気がするのです。

真の犯人に

「真犯人は、裕福で高度な教育を受けてて外科医でエリートだよーん」

と挑発しているのではないか。

底辺労働者やホワイト・トラッシュ層には無理だし!

と挑発して名乗りを上げるのを待っているのではないかと穿っています。

ロスアンジェルス市警で何年も働き
プロファイリングも導入された時期にバリバリ中間管理職をしていた人です。

他の「なんだかなぁ」なトンでもさん達と比べて、情報の精度が高く
量もハンパなく多いです。

そして、ロスアンジェルス市警の隠蔽体質やら
いろいろ頭にキテるのが分かります。

人は理不尽で悲惨な事件が起こると
「夜道を一人で歩いていたのが悪い」
などと、被害者へも責任転換します。

これは情がないからではなく
「自分の上にも、そうした理不尽で悲惨な事が降りかかるかもしれない」
という不安から、自分の心を守るためのものです。

そして、このブラックダリア事件に魅せられ、自分の家族が犯人だと発表する人は
親との確執を抱えている人が多いのが分かります。

多分、親を乗り越える事に関して
日本人にはない感性や文化のせいです。
乗り越え方が間違ってる気もしますが
アニメやゲームに甘やかされて
永遠の子供でいたい人が多い日本とは違うが故でしょう。

エリザベス・ショートは短期間ですが実父と生活しています。
結局、父親から追い出される形で出ていくのですが
彼女は軍人と結婚する事を本当に熱望していたようです。

制服は権威だけでなく包容力の象徴です。

守ってくれる大人の男性を探しながら
何となく有名になれれば
と思っていたのかもしれません。

この二つの相反する願望が、彼女を放浪の生活に向かわせてしまったのだと思います。

彼女は美しく、コネを与えようとしてくれる人もいたのに
ハリウッドで名をなす事も出来たかもしれないのに
名をなしましたが、それは悲劇の犠牲者という形でした。

f:id:slowstudy:20160328221950j:plain


全ての被害者の冥福をお祈りします。


ブラック・ダリア (文春文庫)

ブラック・ダリア (文春文庫)


ブラック・ダリアの真実〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)

ブラック・ダリアの真実〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)


切断―ブラック・ダリア殺人事件の真実

切断―ブラック・ダリア殺人事件の真実


ブラック・ダリアの真実〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

ブラック・ダリアの真実〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

いつも読んで下さってありがとうございます。

弱い人や同じような境遇の人に優しく礼儀正しかったエリザベス・ショートさん。

ランチタイムのレストランのドアを開けて
「よそへ行くの。
どこへ行くかはわたしも知らないけど」
と優しく微笑む姿が見えるようです。


 

ブラックダリア事件~6.増える容疑者と増える被害者~

注意※画像は普通の物しかありませんが、文章に残酷な物が含まれています。
耐性のない方はご注意下さい。

切り裂きジャック」の真犯人をいまだに探す人がいるように
ブラックダリア事件も世紀を越えて様々な人を魅了しています。

そして
「自称犯人」
が減ると
さすがに月日が経ってるので、自分が犯人、ではなく

「オレの父親が犯人」
「いえ、アタシのダディが犯人よ」

と本を出す人が現れます。

そのうちの一人かと思った
スティーヴ・ホデルさんは他とはかなり違い、突出した「読ませる」内容の本を書かれています。

「ブラックダリア事件の犯人は、私の父親ジョージ・ホデルだ」

と著作では主張されています。
それが妙に信憑性がある理由なんですが
このスティーヴさんは長らく、ロスアンジェルス市警で刑事をされていたのです。

ブラック・ダリアの真実〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)

ブラック・ダリアの真実〈上〉 (ハヤカワ文庫NF)


ブラック・ダリアの真実〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

ブラック・ダリアの真実〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

スティーヴさんの父、ジョージ・ホデル氏はエリート教育を受けた外科医ですが
結婚と離婚を繰り返してて
家庭人としてはどうかなぁ
というタイプです。

91才で亡くなった後、息子さんであるスティーヴ氏は
遺品から小さなアルバムを見つけます。
中には自分を含めた家族との写真
スティーヴさんのお母さんの若い頃
などなどの中に
どうしても誰か分からない、けれど見覚えのある女性の写真を見つけます。

うっとりと瞳を閉じて半裸に見える若い女性。
もう一枚は同じ女性が着衣で
けれど、やはり瞳を閉じてポーズをとっています。

誰だか分かりませんが、家族の写真と一緒にしていたぐらいだから、大切な人だったんだろう、それにしても、どっかで見た事がある…………。

スティーヴ氏はひらめきます。


これは「ブラックダリア」だ!
エリザベス・ショートだ!!

上巻は、いかに父・ジョージが人としてヤバイかが延々と書かれています。
下巻は証拠の品やたくさんの推察です。

感情を交えず淡々と書かれています。

f:id:slowstudy:20160327132608j:plain
アルバムの写真

f:id:slowstudy:20160327132555j:plain
新聞でのエリザベス・ショート


似てるっちゃあ、似てます。
鼻の形なんかはそっくりです。
ただ、アルバムの方はふっくらしています。
もし、エリザベス・ショートだとしたら、事件よりかなり前の頃でしょう。

しかし、決定的に違うのは

生え際。

額を見ると、アルバムの女性はM字型です。
エリザベス・ショートは他の写真で見る限り、額が丸いです。

スティーヴ氏はこれでもかとばかりに状況証拠を積み重ねて行き
当時連続していた女性殺人事件も
ゾディアック事件も父・ジョージだという見解を示しています。

ウィルソンがテープで言っていた
「中国人の貸家」
なんですが、ジョージ・ホデル氏は東洋趣味で
確かに東洋的な屋敷を建てて住んでていました。

ただ、私が思ったのは
アルバムの写真には

被写体への愛情があふれている

のです。
撮ったのがホデル氏でないとしても、こうした美しい写真を家族の物と一緒に保管し
終生大事に持って
時折、愛でていたのです。

その被写体に
拷問や胴体切断をして顔を切り裂き
全裸で遺棄出来るのか。

http://stevehodel.com/
スティーヴ・ホデル氏のサイト

話は変わって、ブラックダリア事件の前に
若い女性が
やはりハリウッドで殺害されました。

ジョーゼット・バウアードルフ。
二十歳。
ベスと同じく、兵隊相手のバーでジュニアホステスをしていました。
自室の水が溢れるバスタブにうつ伏せになっている所を発見されます。
激しい暴行を加えられた形跡と
下半身は裸でした。
死因は喉に詰められたタオルによるものでした。

行動がベスと重なる部分が多いので、同一犯人ではないかと捜査を始めようとします。
この時の容疑者に上がっていたのが
前回にも出たジャック・アンダーソン・ウィルソンでした。

が、彼女は富豪の娘さんでした。
父親は新聞王ハーストと昵懇の間柄。
娘の死にまつわるスキャンダルを恐れて父親がハーストに頼んだのでしょう。

ハーストから取材にストップがかかり
やがて警察へも圧力がかかります。

結局、犯人は不明のまま。

ここでスティーヴ氏は重大な証拠を書類から見つけます。
ジョーゼットを窒息させたのはタオルと発表されていましたが
真実は医療用の伸縮性9インチ包帯でした。

亡くなった父親への嫌疑をますます深めるスティーヴ氏。

けど、こんな分かりやすい証拠を残していくとは思えないぐらい
父・ジョージ・ホデル氏は頭が良過ぎる人でした。

ところで、スティーヴ氏は
レスラー氏のような「プロファイリング」については、あまり信用していないと自身の本では見解を示しています。

本当にそうなのか、と疑問に思う私。

まず、この時期に全裸や半裸で殺され、遺体を遺棄された女性のタイプが広範囲過ぎてます。
こうした性的犯罪の場合、加害者の狙う対象は、年齢や外観など、似ている人を選ぶ傾向があります。
が、見事にバラバラです。

そして、こうした「セックス殺人」の場合加害者は激しい暴行や遺体への損壊の後
エネルギーを使い果たして廃人同様になったり自殺したりします。
「人として終わり」
になる訳です。

写真家のマン・レイの作品へのオマージュとして、遺体をあんな風に置いた
とありましたが、だったら、そもそも切断の意味はなんでしょうか。

そこまで怜悧であれば、社会的な地位に固執していたホデル氏の事ですから、
犯罪をアートみたいに扱う下品な事はしなかったと感じます。
それこそ、写真撮影や絵画を自分で描く趣味のあった人です。
作品にぶちまけます。

ウィルソンが
「切断した後、下半身は逆さにバスタブに入れていた」
と言っていますが、
遺体の腰の上部が浮いた形で固まっていたのは、これで説明がつきます。

もう、こうなると混乱の極みですが
やっぱり複数犯ではないか。

しかも、犯人はエリザベス・ショートの卵巣を抜き取っています。
それをどうしたんでしょう。
それこそ、切り裂きジャックの真似でしょうか。

ハリウッドセレブや暗黒街の人間が集まるSMパーティーの、無惨な被害者になったと、いかにも映画的な事を書く人もいますが私には分かりません。

なんか、もっと、おバカさんで
被害者が死んだ後も自己顕示欲満載で
そういう人間が加害者で
遺体を遺棄した結果にも思えます。

ただ、言えるのは
行くアテもなくお金もないベスに優しく声をかけて拉致した人間がいたのです。

そして、美人であるがゆえにか、いままでひどい目に遭った事のない彼女は
相手の善意を期待して着いて行ったのです。

ミッシング・リングはどこで解けるのでしょうか。


いつも読んで下さってありがとうございます。

次回は最終章です。

 

 

ブラックダリア事件~5.フーダニット?~

ブラックダリア事件ですがロスアンジェルス市警は
「セックス殺人」
だと早くに判断しています。

レイプなどが目的でなくても
殺人自体が性行為の代償である
という犯罪心理です。

遺体の写真や状況を見て
私が思ったのは

手慣れてる

という感想でした。

胴体の切断など、一般に考えるよりは
はるかに難しい事です。
しかも、横溝正史の小説もかくやのいじりぶり。
犯人は以前にも同じような殺人をしているのではないか
と市警はひっそり考えていました。

マスコミの過熱が少し収まってきた頃
ある郵便物が来ます。

「ブラックダリアの所持品」

と手紙には文字が切り貼りしてあり
中には社会保証証やアドレス帳
写真や手紙が入っていました。

f:id:slowstudy:19470101000000j:plain

全てがガソリンに浸されていて指紋が消されています。

捜査線上に何人もの人間が上がります。

前回書いたロバート・マンリーは
最後に被害者を見たと
はっきり分かっている人物なので
警察でノイローゼなるくらいギュウギュウ言わされてます。

が、殺害されたのは発見の少なくとも十時間くらい前と検死では結果が出ています。
マンリーと別れて数日後に遺体発見されたので
さもしい男の浮気願望すらも話すハメになりますが、何とか無罪放免されました。

そこで、興味深い情報提供があります。
その匿名の人物は
「ある男が事件に関わっていたと話している」
とカセットテープを持ち込みます。

内容はよくある「オレの友達の話なんだけど」という前置き(怪談物みたいに)。
そして
殺害に至るまでの細かい描写を話し始めます。
しかも、この男はベスが未成熟な膣だった事も知っています。

極秘にしていた事項なのに!

テープを聞いて、刑事は直感します。

コイツは
「オレの友達の話」
なんかじゃない、自分の体験を語ってる!

このテープの中で話してる男は
ジャック・アンダーソン・ウィルソン。

片足がもう一方より短いために少し引きずるような歩き方をして長身。
本人は盗品をさばいたりする仕事をしていると言っていますが、の割りに慢性金欠で
社会補償金で細々と生活している、ややアル中です。
しかも、強姦殺人の前科持ち。

犯人として疑ってるとは微塵も見せず
何か知ってるなら協力して欲しい、協力してくれたらお金を払うと
市警は何とか接触を試みます。

f:id:slowstudy:20160327114133j:plain
ジャック・アンダーソンウィルソン

そしてようやく面談を前にした日
長期滞在していたホテルの失火で

 

焼死


してしまいます。

市警は歯噛みして悔しがります。

結局、事件は迷宮入りになってしまったのです。

けれど、ここで疑問があるのです。
アンダーソン・ウィルソンは確かにアウトサイダーに近い人物でした。

が、こうした人物に
胴体切断や他、ああした殺人が出来るのか。

何でかって言うと
胴体切断は
腰椎が普通は邪魔しますので
ある程度の医学的な知識や手技が必要です。
ウィルソンにこうした行為が出来るのか、経験があったのか。

しかも、安ホテルに住んでて
どこで遺体を解体したのか。
テープでは
盗品を売る仲間の中国人が貸してる家
と言ってますが
普通は激情にかられた上で起こる性犯罪を、
予定していたかのように場所までセッティングして遺体の処理まで出来るのか。
片足が不自由なのに。

それとも、いろんな偶然が重なって
ああした遺体になってしまっただけなのか。

酒の勢いで
つい、カッとなって、な事件でないのは一目瞭然。

が被害者は数日間拘束されて拷問を受けてます。
そうしたネチネチした暴力を加えた後、更に遺体にあれこれして遺棄、これを一人で出来るとは思えない。
と市警の刑事の一部は考えます。

何故なら
アンダーソン・ウィルソンは片足が不自由なだけでなく重度のアルコール依存症です。

しっかりした思考力や
一人で遺体を遺棄するフットワークがあったとは思えません。

私は遺体写真を見て思ったのは
犯人は複数ではないか
アンダーソン・ウィルソンは何らかの形で従犯していただけではないか
というものでした。

そして、郡を少しまたいで
同時期に全裸女性の遺体が見つかる事件が多発していた事や
日本の警察同様に、郡の管轄の事件は縄張り意識が強く
一つに繋げて考えたり情報を共有しなかった当時のアメリカの事情がマイナスに作用しています。

それでも何人かの警察官は
結びつけて考えていました。

「レッド・リップスティック事件」
など、類似性が多いので
今でも関連があると考える人はいます。

そして、捜査線上に浮かび、消えた人物に
再び脚光があたります。

ジョージ・ホデル。

当時ハリウッドで外科医をしていた人物でした。

 

ブラック・ダリア (文春文庫)

ブラック・ダリア (文春文庫)

いつも読んで下さってありがとうございます。

次回は「『どこか』って、どこ?」です。

 

ブラックダリア事件~4.神様待ち家出少女達~

注意※画像は普通の物ですが、文章に残酷な物が含まれています。
耐性のない方はご注意下さい。

ハリウッドだけでなく、あちこちをほんの数年で転々とし始めた「ブラックダリア」ことエリザベス・ショート。

隙のないシックな服装と丹念に手を入れたメイクと髪型の彼女を見て
一文無しで今夜の宿にも困っているなどと思う人はいなかったでしょう。

当時のアメリカはWWⅡが終わって
ようやく大恐慌の悪夢から立ち直りつつある頃でした。

つまり、仕事は選ばなければたくさんあったのです。

お金は基本的に自分が労働して稼ぐもの、という事が実感としてないのか
とにかく知り合った人に借りまくるベス。
ホテルなどからコレクトコールで電話して借金を申込み
とにかく困っていたようです。

サンディエゴに着いたら、オールナイトの看板がある映画館に入ります。
そしたら、看板の外し忘れで
オールナイトじゃない、閉館です
と言われて困るベス。

この時に声をかけたドロシーと言う一歳年下の案内係の女の子が
窮乏を察して
家に連れて行きます。
ドロシーはお母さんと弟の三人暮らし。
なんていい人達だ。

それでこの家にしばらく居候して
やっぱりボーイフレンドを何人か作り
遅くまで遊んでて
帰ったら昼まで寝てるという生活。

その事でドロシー一家は怒ったりしませんでしたが
職を見つけて落ち着いてはどうかと言われます。

さすがにこれ以上、このお宅に居候してるのはまずいと思ったのか、
この頃に知り合ったと言う男性と出て行きます。

バブルの頃も
有名人が集まるディスコやクラブに行けば
チャンスがあるかもと
もぐり込んで誰かや何かを探す人はいました。

そして、ベスのこうしたライフスタイルは最近の貧困女子にひじょうに近いです。

キャスター付きのトランクに一切を入れて
マックに居たり路上で座っていたり
そして出会い系で一晩の性と引き換えに
一宿一飯を与えてくれる男性を待っている女の子達。

やっぱり出会い系で淋しいから相手をしてくれる男性を探し
相手に取っては単なる売春なのに
「一夜限りの恋人が援助してくれた」
と少額のお金を貰って生活しているシングルマザー達。

こうした女性達への支援の難しさは

「本人達が困窮していながらも、公的支援は望んでいない」

という所にあります。
近所の目がうるさいから、制約があるから、書類が読めないから、と理由は様々です。

行政の対応がどうたらと言う前に
母子寮などでの共同生活が送れず
気ままに生活していきたい彼女達には
いかなる支援の手も払いのけられてしまう事が多いです。

アメリカとは事情が違いますが
ベスもそうした女性に近い人でした。
実際に、仕事の世話をしようとする人もいました。
が、気が乗らないと定職には就かず
ホテルから知り合いに
コレクトコールで電話をかけまくって借金を頼む。

それしかお金を手にする手段を知らないのではないかと思えるほどです。

可愛いティーンの時代が終わり、もう一人前のレディとして扱われる事も増えてきたのに、ベスは変わらず根なし草のままでした。

サンディエゴに出張で営業に来ていた
ロバート・マンリーは
出張先でとびきり魅力的な女性・ベスを見つけます。

当時、妻が妊娠中でフラストレーションが溜まってたマンリーはベスに声をかけます。
出張先で短いアバンチュールを期待して(あー、男ってアホ)。

で、ドロシーの家を出てロスアンジェルスに行きたいと言うので車で送ります。
アバンチュールの方ですが
泊まったホテルでベスが体調が悪く果たせず。
この体調不良は持病の喘息か風邪っぽいです。
そしてロスに到着。

ビルトモア・ホテルに姉夫婦が来ていて一緒にボストンに行く
と言うベスを送り届けます。
もちろん、それは嘘ですがマンリーは疑っていません。

それが公式に残る記録では
ベスこと、エリザベス・ショートを見た最後の姿でした。

彼女はどこへ行こうとしていたのでしょうか。

f:id:slowstudy:20131015141036j:plain

いつも読んで下さってありがとうございます。

出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで

出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで

最貧困女子 (幻冬舎新書)

最貧困女子 (幻冬舎新書)

次回は「フーダニット?」です。

ブラックダリア事件~3.ある事、ない事、とは~

注意※画像は普通の物ですが、文章
内容に残酷な物が含まれています。
耐性のない方はご注意下さい。


さて、エリザベス・ショートさんが何故に「ブラックダリア」と呼ばれていたのか。

地元の田舎街でも評判の美人さんで
年頃になると垢抜けてきて
本人は「有名になりたい」と単身、ハリウッドへ乗り込んで行きます。

当時の新聞はたいがい、ある事ない事どころか
「ない事ない事」
を書き立てます。

田舎街では美人でも、ハリウッドに来たら単なるワン・オブ・ゼム
頑張ったけどダメで
そのうち身を売るようになり、その結末がこれ、そこの若いお嬢さん
あんまり夢を見るんじゃないよ

てな内容です。

確かに、ハリウッドに来て、兵隊相手のバーでジュニアホステス(「準ホステス」とあります。正規のではない、という意味でしょうか)になると
たちまち彼女は人気者になりました。

艶やかな黒髪に、いつも黒いシックな服装。
当時、流行った「ブルーダリア」という映画に倣い、
ついたニックネームが「ブラックダリア」。

早くに二つ名を持ってるなんてすごいです。

スクリーンテストは何回か受けたようですが、
アクタースクールに行くとかコネをたぐるとかはしていません。
実際に、彼女に経済的援助をしようとする人(「パパ」ってヤツ)や
大きなコネクションに繋げてあげようとする人は結構いました。

ところが、本人は何だか見ていて本気度が足りません。

どうしたいのか具体的なイメージもつかめません。

そして「身を売る生活に云々」とマスコミは喜んで書いていましたが
実際は違いました。

いや、証言によると手とか口とかではあったのですが(ううう。書いてて生々しい)、「性交渉」はなかったのです。

なんできっぱり言えるかと言うと

 

 

 


膣が極端な発育不全だった


からです。

妹さんの証言によると14才くらいまで初潮が来なかったそうです。

膣の正確な深さなどは分かりませんが(本来、伸縮しやすい部位だし)、膣を使った性行為はほとんど不可能に近い状態でした。

こうした発育不全を持つ人は
体も小さかったりしますが
写真を見る限りでは、普通の健全なナイスバディです。
当時の検死では
「アンドロゲン無感覚症候群」
が疑われています。

これは染色体がXYやXYXでも
体や表現されている部分は完全に女性にしか見えない物です。

ん?

何か聞いた事がある……睾丸性女性化症候群……「リング」の貞子と同じです。

この症候群は「病気」ではないと私は思うのですが、確かに表現体は多様です。

エリザベス・ショートの場合、どこから見ても女性ですし、子宮もあって月経もあるので俗に言う「小野小町病」の方に近いのかもしれません。

本人もそれを知っていて、性行為は避けていたようです。

気になるのは、彼女の極端な放浪癖と生活能力の低さです。

とにかく軍人が好みで、いろんな人と手紙をやり取りしています。
これはお父さんへの憧憬もあったかと思います。

ハリウッドで女優になりたいと思う反面、
軍人の妻になって子供も生んで母親になりたいと願っていたようです。

ロスアンジェルス市警でこの事件の担当をしていた刑事さんの弁を借りると
軽い知的障害があったのではないかと思います。

高校を一年で中退していますが、これは持病の喘息のせいで
マイアミに療養に行った辺りから
なし崩しに生活が乱れて行きます。

ハリウッドや近郊で、同じようなショービジネス希望の女の子達とルームシェアしたり、頻回に引っ越しを繰り返していますが、定職には就いていません。

いろんな人に借金をし、前述した「終戦前に亡くなった婚約者の軍人」のお母さんにまで借金を申し込んだりしています。

ハリウッドに来る女の子達は
たいてい、ナイトクラブでバイトしたり
あるいは堅実な昼間の仕事に就いたりしたりして、昼か夜間のアクタースクールに通い、オーディションを受け、一定の年齢になってもチャンスがなければ諦めて実家に帰ったり、逆に、映画製作の仕事に就いたりします。

同じような夢を持つ女の子達と共同生活しながらも、彼女はマイペースで
日用品にも事欠き、ルームメイトから生理用品や化粧品まで分けてもらう生活をしてます。

やがて、お金が本当に底を尽き、借りるアテもなくなりますが
そこでいきなりサンディエゴに向かいます。

何があったのかは分かりません。

ただ、「有名になりたい」とハリウッドに出た以上、無名のままで郷里に帰る事が嫌だったのかもしれないし、実際はそこまで考えてなかったのか、何がしかのトラブルがあったのかもしれません。
それにしても何故、サンディエゴなのかは分からないままです。

そして、いよいよ本格的に
あの最悪の結末に向けて歩みが始まります。


f:id:slowstudy:20160326205321j:plain

 

けれど、こうした行動パターンをどこかで私は知っている…………そう。

「最貧困女子」

と呼ばれる若い日本の女性達です。


f:id:slowstudy:20160326205257j:plain

 

いつも読んで下さってありがとうございます。


ハリウッド・バビロン?

ハリウッド・バビロン?

ホワイト・ジャズ (文春文庫)

ホワイト・ジャズ (文春文庫)

次回は「漂泊者」です。

ブラックダリア事件~2.検死報告書~

ロスアンジェルスの空き地で発見された惨殺・全裸の女性。

それが若くて美人で女優志願だったのは
マスコミの加熱に文字通り
火に油。
灯油かハイオクタンガソリン並に燃え上がります。

で、

ネットはやっぱり便利


だと分かりました。

未解決事件という事でFBIの資料が一部、公開されてます。

f:id:slowstudy:20160326165038j:plain

身長165センチ(切断されてるので繋げるとおおよそ、このくらい)

体重52キロ

髪 ヘナで染めている黒
地毛は赤みのかかった濃い茶色

虫歯が多く、進行している

脳の右側クモ膜下出血あり
脳梁に小さな出血あり

咽頭喉頭は無傷

顔面右側に殴打や擦過傷あり
顔面や背中などにタバコと思われる火傷があり
右の乳首を中心に皮膚が切られて
左の乳房脇にも傷があり


両方の口角から耳までの裂傷あり

ううう。

ただ、最初はこの恐ろしい口の傷からの出血で喉を詰まらせたのでは
と思いました。

が、喉には血液の痕跡がありません。

それと、全身から血抜きされて
体は丁寧に洗ってあり
発見された時には髪が湿っています。

腰なんですが
切断され、下半身の腹部
臍の下から恥丘まで縦に切られています。

陰部ですが何故か陰毛を剃られて傷をつけられています。
剃られたと言っても
いわゆる剃毛ではなく
ドライカット、最近の虫垂炎の手術ではツルツルに剃らないで
毛の先だけハサミで切ってるんですが
そんな感じです。

そして、何故か骨盤から上が上向きに固まってます。

何より悲惨なのは
胃から人糞とおぼしき物が出ています。
緑がかかった便で
未消化の物が含まれていましたが調べても分からなかったようです。

猟奇的な犯罪は数あれど
ここまでひどいのは少ないです。

検死が進んで
膣と肛門から左の太ももの皮膚が押し込められているのが発見されます。

肛門は3センチくらい拡大していて擦過傷もあり、
何をされたかは言わずもがな。

そして、重大な秘密が見つかります(次回に)。


殺人=性的快楽
な人間はいます。
男性は特に、破壊衝動を司る部分と性欲を司る部分が近いせいかもしれません。

ただ、女優になりたくてハリウッドに出た女性が
どうしてロスにいたのか。

エグザミナー紙の記者は
母親に電話をかけて
「娘さんが美人コンテストで優勝した」
と嘘をついて
何とか彼女の個人情報を聞き出そうとしますが失敗。

と言うか、ハリウッドに行くと家を出てから
たまに手紙を書くくらいで
ほとんど家族と接触していません。

空軍の軍人さんと婚約したと周りに言っていたのですが
その軍人さんは終戦前に亡くなっていて
しかもその母親は
息子が婚約している事を聞いた事がありません。

エリザベス・ショートこと
「ベス」
は家族への手紙で病院で働いていると嘘を書いたり
周囲の人には
婚約者の軍人とは実はすでに結婚してて子供は流産したと
嘘がエスカレートしています。

一体、何がそうさせたのでしょう。

f:id:slowstudy:20160326165028j:plain
子供時代。

ベスの父親世界恐慌で失踪
のちによその土地で元気に暮らしていて
家族の元へ帰りたいと言ってきます。

家族を捨てた父親(夫)を
母親は許さず、女手一つで5人姉妹を育てています。
いろんな扶助を利用しながらも
きちんとした娘さんに見えるように手をかけて、まさに女子婦道の鏡。

事件についても母親としては
コメントのしようがありません。

こんな結末を迎えるまでの軌跡を追うには
あまりにも曖昧な物を感じます。


ブラック・ダリア キラー [DVD]

ブラック・ダリア キラー [DVD]

いつも読んで下さってありがとうございます。


次回は「薄い存在理由」です。